八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AN(システムアナリスト)準備状況その4
試験まであと3週間である。今日そのことに気が付き
愕然とした。

午後Ⅰ過去問の解き直しは10/13問まで終了。
ただし、2回目でも7割を超えられない問題が3問ある。
「合格の道」の例題の解き直しはあきらめ、問題と解答を
読み返すだけにとどめるつもりだ。午後Ⅰはかなり不安
だが、論文の準備を考えるとこれが限界である。

午後Ⅱは、「合格論文事例集」を含め、スキル標準などの
資料を一通り読んでから、ネタ作りの作業に着手した段階
である。
最近5年間くらいの出題は、「情報戦略の立案」、
「情報システム構想の立案」のフェーズに集中している。
ここを押さえていけば最低でも3問中2問には対応できる
だろう。

事例ネタとしては、昨年のプロジェクトマネージャー試験で
準備したネタの上流側を充実させるつもりでいる。過去の
午後Ⅱの設問の中に出てくる、「システムアナリストの
あるべき姿」を盛り込み、様々な視点からの設問に備えるつもり
だ。

昨年と比べても今年の方が遅れ気味だ。予想はしていたことだが、
かなりきつい。しかし、最後まであきらめないつもりだ。

スポンサーサイト
AN(システムアナリスト)準備状況その3
午後Ⅰは平成14年度までの過去問6年分を終了。
平成14年度の得点は以下のとおり。

問1  問2  問3  問4  平均
60  70  72  70  68

平成14年度から平成19年度までの全24問の平均点:62.1/100点

13問は70点に満たないので、解き直しである。
「合格の道」の例題も一通り終了。こちらの方は本試験問題よりも
手強いものが多い。最低でももう1回は解き直す必要がある。

「情報システム計画の立て方・活かし方」は三日で読み終わった。
これを読んでみて、システムアナリストの仕事の進め方のイメージが
はっきりした。論文作成にも役立ちそうだ。

昨年度PM受験に使用した「情報処理教科書プロジェクトマネージャ
2007年版」の午後Ⅱ対策をもう一度読み返してみた。受験区分は異な
っても、やはり役に立つと思う。

「合格論文事例集システムアナリスト(第3版)」は1/3ほど読了。
これを読み終わったら、いよいよ出題予想と事例ネタの準備にとり
かかるつもりだ。

AN(システムアナリスト)準備状況その2
午後Ⅰの過去問5年分を終了。

過去5年分の過去問20問分の得点(満点は100点)
は以下のとおり。

       問1  問2  問3  問4  平均

平成15年度  65  80  70  45  65

平成16年度  60  55  25  85  56.3

平成17年度  55  55  68  46  56

平成18年度  70  70  45  80  66.3

平成19年度  75  50  75  45  61.3

得点のばらつきが非常に大きい。解答が本文の中に明示されている
ような問題は良いが、特定の業務知識を利用して答える問題が
弱いようだ。この辺は過去問や参考書の例題を数多く解き、その
過程で必要な知識を補強するしかなさそうだ。
過去問は解答・解説がインターネット上で手に入る平成14年度までは
解いてみるつもりだ。

今週3冊の参考書を購入した。
①「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本(第2版)」翔泳社
②「情報システム計画の立て方・活かし方」かんき出版
③「合格論文事例集システムアナリスト(第3版)」アイテック

①は業務知識の確認に使用する予定。②と③は午後Ⅱの論文対策
用に使用する予定。②は1/3程一気に読み進んだが、説明が
具体的で非常に頭に入りやすい。今まで頭の中にあった霞が急速に
晴れていくような感覚を味わった。

午後Ⅰの対策は遅くとも9月一杯には終了させる予定である。
午後Ⅱの対策はそこまで待っていられないので、来週からはネタ作り
に徐々に着手していくつもりだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。