八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術士2009(情報工学-コンピュータ工学)出題予想
今年も情報工学部門(コンピュータ工学)の出題内容の
予想を書こうと思う。

去年は本命が予想しやすかったこともあり、自分にとっては
とてもラッキーだったが、今年は本命が絞り込めずに今に
至っている。当たれば儲けものというスタンスは昨年と
変わらないので、自分としては何も問題はない。
ただ、ここを見た人が本気にしても困るので、「自己責任」
の原則を再度強調しておきたい。

1.必須科目
  出題形式は一昨年度、昨年度と大きな変化はなかった。
 今年も同様だと思う。今年も大きなテーマを2つ挙げる
 だけにとどめる。
 (1)情報セキュリティ
 (2)仮想化技術

2.専門科目(コンピュータ工学)
  一昨年度と昨年度ではⅠ-1の出題の形式が若干変わった。
 今年もまた変わる可能性はあるとは思うが、昨年度の形式で
 落ち着く可能性が高いと思う。
 Ⅰ-1
 (1)コンピュータアーキテクチャ
   ・キャッシュ
   ・マルチコアプロセッサ
 (2)画像処理
   ・周波数フィルタと空間フィルタの関係
   ・ステレオ画像処理
 (3)音声処理
   ・音声符号化方式
   ・デジタルフィルタ
 (4)メディア表現
   ・CGの隠面消去
   ・CGのシェーディング
 (その他)
   ・認証技術
   ・暗号技術
 Ⅰ-2
 (1)RFIDを用いたシステム構築
 (2)ソフトとハードの最適設計問題

昨年の予想とあまり大きく変えてはいない。今年は
予想にあまり拘らずに、広く浅くを念頭に準備して
いくつもりだ。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。