八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術士口頭試験の日時判明
技術士第二次試験筆記試験合否通知が来た。

口頭試験の日時が気になっていたので、さっそく確認
すると、なんと年明けの週末である。できればあまり
時間があかない12月の前半くらいがいいなと思って
いたのだが。まあ、十分準備期間を与えられたと前向き
に考えることにしよう。
モチベーション管理もそうだが、この冬は体調管理も
重要になりそうだ。

技術的体験論文は、最後の修正に取りかかっている。
今年は郵送で送るつもりである。論文は形式的なチェック
のみで受理することは、昨年技術士会に持ち込んだ時に
確認済みである。ギリギリでも問題はないだろうが、
万が一の不備の可能性も考えて、遅くとも3日には
送るようにしたい。


スポンサーサイト
技術士試験の筆記合格発表
つい先ほど文部科学省のホームページで筆記合格を確認した。

とりあえず、今年も口頭試験の挑戦権を得られたことが
まずはうれしい。技術的体験論文の準備を進めておいて
良かった。

コンピュータ工学の筆記合格者は16名。今年の期待値も
8~9名というところだろう。去年の失敗を謙虚に反省して
今年こそ最終合格を果たしたい。

ITストラテジスト午後Ⅰ自己採点
合格発表までは忘れるつもりだったが、TAC、アイテックの
解答速報が出たので、午後Ⅰを自己採点してみた。

例によって大甘の採点をしてみると、問2は約7割、問4は約5割
(配点はTACの予想配点を使用)という結果だった。一応ボーダー
ライン上だが、採点が甘いので実際はちょっと厳しいかもしれない。
終了時の感触では、問2はもう少し稼げたような気がしていたのだが。

あとは発表まで気長に待つしかない。


技術士試験の筆記合格発表まであと1週間
技術士第二次試験の筆記試験合格発表が1週間後に迫った。

去年と同様、自信はないが、技術的体験論文は完成させて
おくつもりだ。たとえ結果がだめでも無駄にはならないだろう。
淡々と作業を進めて行こう。

ITストラテジスト試験終了
昨日、ITストラテジスト試験が終了した。

昨日は少し早めに家を出て、自由が丘のスタバで最後の
復習を行ってから試験場である、自由ヶ丘学園高校に
向かった。校舎の入口に消毒液とマスクが備えられて
いて驚いた。完全なインフルエンザ対応モードである。
風邪はひいていなかったが、アルコールで手を消毒し、
マスクを1つ受け取って試験室に向かった。

試験室は地下の視聴覚室であった。5人がけの長机の
両端を使用できたので、ゆったりと受験できた。
左後方の席でマスクも付けずに盛んに咳をしている人
がいた。その前の席の人はかわいそうにマスクを付けて
防戦していたようだ。全く非常識な輩である。自分は
というと、5m以上は離れていたのマスクはしなかった。
しかし、今日はどうも体調がすぐれない。もしかしたら
やられたかもしれない。

肝心の試験のほうだが、午前Ⅱでまず驚かされた。
予想以上に難しく、知らない用語がポンポン出てくる。
午前Ⅱの準備をほとんどしなかったことを少し後悔した。
帰ってから自己採点したら、25問中15問正解で60%ちょうど
だった。本当に危なかった(と言えるのはマークミスが
ない場合だが)。

午後Ⅰでは、組込みの問題を選択すると決めていた
ので、第4問から手を付けた。ところが、この問題が
難しかったのである。途中で別の問題に変えようかと
思ったが、リスクが大きいと思い最後まで解いた。
45分たっぷりかかってしまった。残りの1題は第2問を
選択した。こちらの問題は、本文中をさがせば答えが
見つかるタイプの問題で、比較的簡単だったようだ。
第4問の答案にあまり自信がなかったので、第2問で
稼がねばと思い最後まで粘った。

午後Ⅱも組込みの問題を選択すべく準備してきたが、
第3問を見た瞬間、これはだめだと悟った。仕方がない
ので、昨年のシスアナのネタで第1問か第2問を選択
する方針に変更した。第2問であればストーリーの変更で
対応できそうな気がしたので、第2問を最終的に選択した。
設問アで800字、設問イで約900字、設問ウで約700字、
トータル約2,400字記述した。題意に沿うように記述した
つもりだったが、今思うと記述内容の整合性がいまいちで
ある。それに、論文に書いたようなことが実際あったと
すると、ITストラテジストとしては失格の烙印を押され
かねない気がする。

結局、午前Ⅱ、午後Ⅰ、午後Ⅱのどこでアウトになっても
おかしくないというのが結論だ。いまさら心配しても
仕方がないので、合格発表までは忘れることにしよう。


ITストラテジスト準備状況その2
ITストラテジスト試験まであと一週間だ。

組込み系のネタの整理をしている。基幹系システムは
どの業種でも関連があるが、組込み系製品が経営に
影響を及ぼす業種となると必然的に絞られてくる。
市販の参考書には組込み系の論文例はほとんど見あたら
ないため、特定の業種の技報を参考にネタを収集した。

組込み系のネタの整理していると、どうも下流側に力点が
行きがちになる。しかし、経営戦略との整合性確保や
貢献度評価等がメインになるはずである。できるだけ
全体を俯瞰する視点でまとめる必要がある。
あまり時間はないが、何とか形にして試験に臨みたい。


ITストラテジストの受験票到着
ITストラテジストの受験票が昨日届いていた。

試験場は自由ヶ丘学園高等学校。高校の試験場
に当たるのは初めてだ。自由が丘はあまり行った
ことはないが、歩道がとても狭かった印象がある。

別紙には新型インフルエンザの流行次第では、
当該試験場での試験を中止する場合があると
書いてある。万一そうなった場合の救済措置が
あるのかどうかはわからない。まあ、心配しても
仕方がないだろう。

あと残り15日。ようやく論文ネタ整理に集中できる
状況になった。気合いを入れていこう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。