八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導技術士
つい最近、指導技術士になって欲しいという依頼があった。
若い技術士を育てたいという思いを持ちはじめていた時
だったので、自信はあまりないがお受けすることにした。

依頼してきた方は、電気電子部門の技術士補の登録をして
数年後の二次試験合格を目指したいとのことである。微力
ながら全力でご支援して行こうと思う。


スポンサーサイト
第36回気象予報士試験 準備状況
どうやら学科試験は突破できたようなので、次回の試験での
実技試験突破のため準備を始めることにした。

ネットでいろいろ調べた結果、次のようなことがわかった。
1.実技試験は学科試験の基礎知識が前提となっているため、
 学科試験の基礎知識を十分にマスターしておくことが実技
 試験合格の近道。
2.天気図の見方の基礎をマスターしたら、数年分の過去問の
 解答練習を繰り返すと良い。

過去問については、タイロスの「CD-ROM 気象予報士試験
解答例と解説'10」に初回から第33回までのすべての過去問題、
解答と解説が収録されているので、それを注文することにした。
また、第34回の過去問については、気象業務支援センターの
「気象予報士試験 問題と正解」を購入することにした。

まだ、学科試験の知識が鮮明なうちに復習をして理解を深める
こととしよう。


第35回気象予報士試験 学科試験公式解答発表
気象業務支援センターから公式解答が発表された。

自己採点してみると、何と学科2科目とも合格点に達していた。

一般科目:13点(合格基準点:11点)
専門科目:11点(合格基準点:11点)

どうやら、先日見た解答速報の精度は一般科目については
相当低かったようだ。受験指導を行っている塾の速報だったので、
この塾は本当に大丈夫なのかと思った。

何とか次回の試験は、実技試験だけに集中できそうだ。


第35回気象予報士試験 学科試験自己採点
解答速報を発表するというちらしを試験当日にもらったので、
そのホームページにアクセスしてみると早くも発表されていた。

この速報で自己採点してみると、一般科目は10点で1点足らず、
専門科目は11点でボーダーラインという結果。やはり、
一般科目は落としてしまったか。また、朝一から試験を受けな
ければならないのかと思うと、気分が滅入る。

速報なので、1問くらいは結果が良くなるかもしれないという
淡い期待はあるが、逆に合格点に届いている専門科目が点を
減らす可能性も同じくらいある。他には解答速報を掲載して
いるサイトは見つからなかった。

公式解答が出るまではしばらく落ちつかない気分を味わうしか
なさそうだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。