八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
システムアーキテクト2015準備状況
秋らしい穏やかな日々が続いている。
システムアーキテクト試験の準備状況を確認しておこう。

午前Ⅰは過去3回(H27春、H26秋、H26春)の過去問をとりあえず
解いてみた。最初の2回分は、26/30、28/30とほぼ9割できたので、
問題ないかと思っていると、H26春はなんと17/30と6割を切って
しまった。もし、この回の問題にあたっていたら、午前Ⅰで足切りに
なってしまうところだった。

ここで、午前Ⅰについても初見の知識問題が結構出ていることに
初めて気が付いた。そこで、方針を変更して過去6回分まで解くことに
し、間違えた問題を再度解きなおすとともに、問題中の初見の用語に
ついては調べておくことにした。

午後Ⅱも午後Ⅰと並行して過去6年分全て解いてみた。一応全て
6割を上回ったものの、あと2,3問間違えるとアウトという年が半分
あったので、午後Ⅰと同じ方針で対処することにした。

午前Ⅰの準備が意外と時間がかかったので、午後Ⅰの過去問に着手
したのは9月の中旬だった。問4のみ過去3年分実施した。自己採点
では、いずれも7割前後という結果。ポイントを外して解答してしまう
問題が必ずあるので、この辺をどこまで修正できるかがカギである。
ポイントを外した原因を究明した上で、残りの過去3年分の過去問で
確認を行う予定である。

午後Ⅱについては、過去問の分析だけを終えた。過去6回分の試験
問題は出題範囲の各項目から重複なく出題されていることが
わかった。まだ、全ての出題範囲を網羅していないので、今年は
未出題項目のテーマの出題の可能性が高いと推測される。
このあたりのことを頭にいれて論文ネタの充実をはかっていきたい。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。