八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術士(電気電子部門)受験体験 その4
技術士の受験をはじめたときに、3回も受験すれば
受かるだろうと楽観的に構えていた。
ところが、既に4年目に突入である。私はあせりを
感じ始めていた。

経験論文は、前年度に十分ブラッシュアップできた
という自信があったので、特別な対策は行わないことに
した。

教養問題についても合格点を取れる自信がついたので、
前年度の二次試験で不合格になった、電験二種をペース
メーカにして強電知識の維持・強化をはかることにした。

問題は、前年度からの専門問題の傾向変化への対応で
あった。過去問の分析を再度行い、信号処理,半導体,
回路学等の基礎事項を中心にキーワードを拾い集め、
関連書籍をあたった。的がうまく絞れず、時間がかかる
割には進んでいるという実感が得られないまま本番に
臨むことになった。

2003年度からは一次試験合格が必須となったため、
受験者は大幅に減った。試験場となる大学の最寄りの
駅は例年受験者であふれていたが、この年は全く様子が
違っていた。受験者らしき人がほとんど見あたらなかった。

教室の部屋割りも、これまでは電気電子部門で1室割り当て
られていたのに、この年は4部門くらいが同じ試験室に
なった。

午前の経験論文の問題はサプライズ出題だった。これまで、
電子応用は1例詳述のパターンが少なくとも20年以上
続いていたのに、この年は2例詳述になったのだ。
しかも、5つの指定された観点から2つを選んで
それぞれ記述することが求められていた。
何とか、2つの業績について論文を書き上げることはできたが、
今考えると、題意への対応が必ずしも十分ではなかった。

午後は専門問題に苦しめられた。知らないキーワードが
4つもあり、問題選択の余地が全くなかった。

教養問題については、択一が15問中10問前後、論文が
完答であった。

この年の成績はB(C),B(C),Aくらいであったと
思う。安心していた経験論文で虚を突かれ、専門問題に対する
対策は不十分で、散々な出来であった。
試験を終了した時には脱力感しか感じなかった。

この年の電子応用の合格者数は3名(10.7%)であった。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/10-c1046fb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。