八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術士第二次試験(口頭試験)発表
残念ながら悪い予感が的中した。

「文部科学省では5時以降に発表」という技術士会の予告
を信じて5時から起きていたが、結局結果を確認できたのは
官報が発表になった8:40過ぎだった。結果は見た瞬間に
わかった。コンピュータ工学の合格者はわずかに9名、3行
分だけだった。口頭合格率は昨年と同様、5割前後だった。

不合格だった場合、もう一度情報工学部門にチャレンジするか
どうか、ずっと考えていた。自分の業務経験を考慮すると、
コンピュータ工学以外の選択肢はないように思う。しかし、
口頭試験の試験官には、「あなたの業務経験はコンピュータ
工学にはふさわしくないのでは?」と問いかけられたように
感じたのだ。

計測・制御にはIT技術は必須であり、自分の守備範囲という
認識を持っていた。しかし、自分の技術の中心領域ではないこと
は確かである。それ故その技術レベルが情報工学部門の技術士
にはふさわしくないと判断されたのかもしれない。

明日には届くであろう成績通知を見たうえで、これからどうするか
じっくり考えてみたい。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/100-7d2f5c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。