八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術士CPD認定会員
月刊技術士の整理をしていたら、技術士CPD認定会員登録を
すすめるちらしが目に止まった。

技術士に登録してからこの3月で3年が経過したので、一応年数の
要件は満たしていることに気がついた。技術士会のHPで
「CPD認定会員の申請」をクリックすると、申請可能かどうか
わかるらしいので、クリックしてみると要件を一応クリアして
いることがわかった。

ちなみに認定のための要件は以下のとおりである。
1.過去3年間のCPD実績(150時間以上)
2.各年別のCPD実績(各年共に30時間以上)
3.3年間で課題区分のA一般事項から2項目以上のCPD実績が
  あること
4.3年間で課題区分のB技術から1項目以上のCPD実績が
  あること
5.3年間で3以上の形態区分にCPD実績があること
6.技術士登録後、3年間以上経過していること
総CPDポイントが高くても、各年でむらがあったり、特定の分野に
ばかり集中するのは不可と判断されるようだ。

CPD会員の直接的なメリットはほとんどないので、申請するかどうか
迷ったが、一応申請してみることにした。
認定の有効期間3年間に対してWEB申請手数料が3,000円で
あまり高くないこと、今年からCPD監査が始まるらしくCPD登録
内容のチェックが今後厳しくなりそうなことが今回申請を決めた
理由だ。

認定の特典の中に、名刺に「CPD認定会員」であることを記載できる
ことが挙げられている。しかし、名刺に記載しても何のことかわかる人
はまずいないだろうな。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/108-36a490e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。