八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009システム監査技術者午後Ⅰ自己採点
昨日TACとアイテックの午後Ⅰ解答速報が公表されたので、
自己採点をしてみた。

問1が約8割、問4が約9割という結果だった。大甘の自己
採点ではあるが、合格点は6割なのでまず大丈夫だろう。
ちなみに、午前Ⅱは22/25であった。

高度区分の試験問題の難度は、どの区分でも平成18年度
あたりから明らかに下がってきている。最近の高度区分の
合格率が軒並み上昇しているのは、その影響が大きいのだろう。
今回、午後Ⅰの問題の難度はあまり変わらないのに、解答
すべき問題の数が減った。また、足きり点も従来の65%前後
から60%に実質的に下がった。結果として午後Ⅰ通過率は
大きく上昇すると予想される。午後Ⅰを通過できる受験者の
割合は従来は25%程度だったが、今回は30%を超えるだろう。
そうなると、最終合格率は12%を超え、場合によっては15%
近くになるかもしれない

新制度になって合格率が急上昇するのも、試験の連続性という
意味でどうかと思う。午後Ⅱである程度の調整があるのか
どうか、結果に注目したいと思う。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/109-1bebaf0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。