八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術士(電気電子部門)受験体験 その6
2004年度は、第二種電気主任技術者と電気通信
主任技術者の伝送交換主任技術者と線路主任技術者
に合格した。

これらの資格は技術士に合格するために、電気電子
全般の知識を身に付けるための手段と考えていた
ので、合格はうれしかったが感動はなかった。

2004年度の成績通知で自分の弱点は明らかに
なった。後は2005年度に合格するしかないでは
ないか。自分にそう言い聞かせた。

経験論文については、通信教育でわかりづらいとの
指摘を受けた業績を採り上げるのは止めた。その代わりに
10年以上前の業績ではあるが課題が明確で解決策も
わかりやすい業績を選択した。

これまでは、業績選択の基準として、特許の件数や
学会発表の有無などを重視していたが、わかりやすく
なければ採点者から高い評価は得られないことにようやく
気づいたのだ。

また、例年準備論文は完全に暗記して試験に臨んでいた
のだが、この年はそのやり方を止めた。「技術課題」、
「解決策」、「結果」はどんな形式の出題でも必ず必要
となる部品なので、そこだけはほぼ暗記したが、その他
の部分は変わりうる部分なので特に覚えなかった。
想定される出題パターンを何パターンか用意し、それぞれ
に対しどう対応するかのシミュレーションだけを頭の中で
繰り返した。

専門問題については、無線に関連する問題がよく目に
付くので、陸上無線技術士の勉強を並行して行うことに
した。勉強を始めると、過去問で見た無線関連キーワードの
多くが無線工学Aの教科書に載っていることに気がついた。
私は、無線関連の出題のネタ本は無線工学Aの教科書である
と確信した。

前年度の予想問題は方向としては間違っていないと思った
ので、それにプラスして次のような予想を立てた。
1.D/A変換におけるアパーチャ効果
2.スペクトル拡散通信方式の特徴と応用例
3.バイオメトリクスを使った認証技術の動向
4.PLLの原理、応用例
5.マルチコア技術の登場の背景と特徴
6.ミリ波の特徴とその応用例

試験当日はやはり暑かった。受験者の数は13年度以前のレベル
にかなり近づいたように感じられた。

午前の経験論文はまた大きく変わっていた。予想したパターン
とは全く違っていたので、論文構成を一から練り直す必要が
あった。この時間として予め20分程度見ておいたのだが、
書くスピードが思ったほど上がらなかったので、最後は時間との
勝負になってしまった。「結果」まで書いたところで、図を
書き始めたのだが、思いの外時間がかかり、ミミズののたくった
ような線で図を書き終わったところでタイムアップ。
論文は尻切れとんぼで、半ページ以上も残していたが、「以上」
を書いて終わるしかなかった。
まさか、こんな羽目になるとは。今年もだめかもしれないと
覚悟した。
ただ、文章としては一応完結はしているので、一縷の望みにかけ
午後に臨むことにした。

午後の問題は「当たり」だった。専門問題で予想していた「PLL」
がほぼ修正無しで書けた上、「バイオメトリクス認証」についても
専門問題ではなかったが、教養問題に類題が出題された。
その他の専門問題は記憶をたどって書けるものばかりだったので、
専門問題は13年度以降で最高の出来であった。

教養問題は択一が13/15問で、論文もほぼ完璧であった。

午前の時間配分のミスが悔やまれた。せっかく午後が最高の出来
であったというのに。

筆記合格発表の日、私は地方に出張していた。翌日の夜、おそらく
だめだろうと思いながらネットで発表掲示を検索した。すると、
思いがけなく自分の番号がそこにあった。「やった」と思ったが
素直に喜べる気持ちにはなれなかった。「このチャンスを絶対に
ものにしなければ。」

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめてです。よろしくお願い致します。
初めて投稿します。
わたしは、技術士(電気電子部門・情報通信)の今年2次試験(筆記・口頭)を受けたものです。
電気電子部門と総合管理部門を取られてさらに情報工学部門を受験されようとしているなんてすごいですね。
さしつかえなければいろいろとやり取りさせていただければと思います。
2009/01/17(土) 11:50:49 | URL | TERU #-[ 編集]
Re: はじめてです。よろしくお願い致します。
TERUさん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

そうですか。TERUさんも口頭試験を受けられたのですね。
発表まではなかなか落ち着かないものですよね。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2009/01/17(土) 20:11:21 | URL | 八街 薫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/13-22aa9958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
電気通信主任技術者電気通信主任技術者とは、財団法人日本データ通信協会の行う電気通信主任技術者国家試験に合格し、電気通信主任技術者資格者証の交付を受けた者。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- Hist
2007/07/28(土) 11:14:24 | ブロバンについて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。