八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術士(情報工学部門)受験まとめ その6
今回合格できた理由は何なのか。もちろん、運が良かったことは
否定できない。しかし、それだけに理由を求めてもおもしろくない
ので、自分なりに分析してみた。

筆記試験の成績は、おそらく去年も一昨年も似たり寄ったりに
違いないと思っている。そうなると、決定的だったのは、やはり
技術的体験論文の出来なのだろう。副査Aの方が「技術的体験論文
の内容については聞くことはありません。」と言ったのは、もしかした
ら論文の出来に対する賛辞だったのかもしれない。今回の口頭試験
で技術的体験論文に関する質問の時間はわずか5分ほどだった。
一方、前回の口頭試験では15分以上は論文に対する厳しい質問の
嵐が吹き荒れたのだ。前回は、論文の出来が悪かったために、
試験官を納得させるのに致命的なほど長い時間がかかったのだろう
と考えている。

また、専門技術部門として2部門目であることをあえて告げたことも
大きかったように思う。期待したように、制度や技術者倫理の質問
は最低限で済み、「情報工学部門へのふさわしさ」の確認に一番時間
を割いてもらえたように思う。ただ、2部門目であることを告げる
ことが全ての受験者にとってプラスになるわけではないだろう。2部
門目であるということは、すなわち、自分の真の得意分野ではない
ことを意味しているからだ。

19年度以降の試験を受験して感じたのは、口頭試験の比重の増大で
ある。かつては、筆記試験さえ合格すれば、かなりの確率で技術士に
なれたが、今はむしろ筆記試験が予選で、口頭試験が決勝という感じ
がする。技術士試験で最も重要な「業務経歴と応用能力」の確認が、
口頭試験でのみ実施されるようになったのだから、当然のことだろう。

しかし、そうなると口頭試験に決定的な影響を及ぼすと考えられる、
技術的体験論文を筆記試験合格後に提出させる現制度はかなり問題
がありそうだ。技術的体験論文は第三者の添削を受けることが可能
で、極端な場合、ほとんど代筆に近いものを提出することも可能な
のだ。小学生の宿題に親の点数が加算されるがごとく、添削者の
点数を加算してもらい、有利な条件で口頭試験に臨む受験者がいる
かもしれない。やはり、経験論文は筆記試験に戻すべきだと私は
考える。

経験論文を筆記試験に戻したとしても、事前に添削してもらえば同じ
ことだという人がいるかもしれない。しかし、それは出題の仕方で
いくらでもカバーできると考えている。実際、平成15年度以降の
電気電子部門-電子応用の経験論文問題は、毎年出題の形式を
変えることにより、準備論文の暗記のみに頼った準備を「空しい
もの」としていた。

試験制度の是非をここで議論しても仕方がないので、それは
とりあえず横に置くことにする。「現行制度の試験に合格する
ためには、筆記試験後の技術的体験論文への取組みが非常に重要
である」ということが私の感想である。以前の試験制度ならば、
筆記合格発表までに答案の再現さえ終わらせておけば、他に何も
しなくても問題はなかった。しかし、今の制度では、筆記合格
発表までには技術的体験論文を最終版に近いレベルまでに
ブラッシュアップしておく必要があると思う。結果が出るまでは
やる気が出ないという人もいるだろうが、今年役に立たなくても
無駄にはならないと前向きに考えるほうが良い。口頭試験で打ち
のめされ、翌年一から出直すのは結構こたえるものである。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/149-60af3f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。