八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ITストラテジスト試験2011終了
ITストラテジスト試験が終了した。

今回は結局、昨日1日だけの準備で試験に臨んだ。
出来の悪かったH21年度の午前Ⅱの問題の解き直しと
昨年準備した論文ネタの復習が行ったことの全てだ。

午前Ⅰは免除だったので、10時少し前に試験会場である、
蒲田の日本工学院に到着した。少しごちゃついている
駅前の様子からは想像できないような立派な建物だった。
試験室は廊下側もガラス張りになっており、とても明るい
雰囲気であった。机と椅子は一体型だったが、すわり
心地はなかなか良かった。5Fの試験室だったが、全員が
午前Ⅰ免除者だった。

午前Ⅱは、前半が昨日解いたH21年度の問題とほとんど
同じであり、少々驚いた。問題作成で手を抜いているの
だろうかと思っていると、後半は新作問題だらけだった。
18問くらいは解答に自信があるので、おそらく突破は
できただろうとは思う。

午後Ⅰは、当初の予定通り先ず問4を選択した。解きだして
しばらくしてから時間を確認すると10分しかたっていない。
その後、しばらくたってからもう一度時間を確認すると
先ほどと同じ時間のままだ。ここで異変に気付いた。持って
きた腕時計の秒針が止まっている。この腕時計は買ってから
おそらく12年以上はたっている。なにしろ、情報処理技術者
試験に挑戦を始めたときにはすでに持っていたのだ。電池式
だったので、いつかは止まるだろうとは思っていたが、よりに
よってこんな時に止まるとは。
ところが、幸いなことに、前の人が大きな目覚まし時計を
右隣の席のところに置いていてくれたので、それで時間を
確認することができた。前の人にただひたすら感謝である。

問4は35分程度で終わったので、次の問題をどれにしようかと
考えた。問1はどうやら旧シスアナ系の問題のようだったので
とりあえず本文と設問を読んでみた。問4はほぼできたという
感触だったので、問1に集中すれば何とか合格点に達するだろう
と思い、他の問題には目もくれずに解答に集中した。
とりあえず、合格点には何とか達したのではないだろうか。

午後Ⅱは問3を選択した。ただ、リスクマネジメントは想定外
だった。仕方がないので、ストーリーを一から創作した。
ストーリーを作るのに30分以上はかかってしまったので、記述
時間はギリギリだった。ア、イ、ウともに最低字数で書き終わった
瞬間に止めの合図があった。見直しの時間は全くなかった。
さて、どうなることやら。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も日本工学院で受けて来ました。校舎も中庭も恐ろしく綺麗でしたね。

午後Ⅰ(問2、問4を選択)は、試験時は通過の自信満々でしたが、今振り返ると小さなミスがぽろぽろ出てきてがっかりきています。

午後Ⅱは、問2を選択しましたが、題意に合っていたのか、これまた自信なしです。

お互い12月は笑えているといいですね。
2011/10/19(水) 03:13:11 | URL | ななし太郎 #EBFh4rIY[ 編集]
Re: タイトルなし
ななし太郎様
コメントありがとうございます。

日本工学院は設備もきれいでしたが、会場運営の方もかなり力が
入っていましたね。
たぶん、半分宣伝も兼ねていたのではないかなと思いました。

試験の出来も気になりますが、とりあえず「果報は寝て待て」
というところでしょうか?
吉報を期待しましょう。

2011/10/19(水) 21:48:30 | URL | 八街 薫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/191-c0ee8cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。