八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H27秋の情報処理技術者試験
今秋の情報処理技術者試験はシステムアーキテクト試験を
受験することにした。

試験当日に出張の予定が決まっていたので、今年も受験を
あきらめていた。これを潮に情報処理技術者試験の受験は
今後やめようとまで思っていた。ところが、8月になってから、
出張の予定が急遽キャンセルになったのだ。
受験しようかしばらく迷ったが、システムアーキテクトにまだ
未練を感じている自分がいることに気付き、締切の3日前に
試験を申し込んだ。

午前Ⅰ免除の資格はすでになくなっているので、朝一番からの
受験となる。午前Ⅰを受けるのは、H22春のシステム監査技術者
試験以来である。午前Ⅰはあまり大きな変化はないので、
おそらく問題はないと思うが、念のため過去3回分くらいを解いて
みて判断したいと思う。

午前Ⅱは比較的新しい用語の知識を問われることがあり、
H24秋の試験でも苦戦した経緯がある。そこで、5年分くらいの
過去問をこなすとともに、ネットの用語辞典などで最近注目の
用語などを調べておこうと思う。

午後ⅠはH24秋の試験で足切となり、H25秋の試験では辛くも
通過はできたもののかなり危ない点数であった。問4を選択する
ことはあらかじめ決めているので、問4については過去問を全て
解き、自分の弱点を確認することだけは最低限行っておくつもりだ。

午後ⅡはH25秋の試験では準備ネタの準備が不十分で
うまく題意に合わせることができずB評価になった。
今回も問3を選択することは決めているので、組込みシステム
の出題範囲とシラバスをよく検討し、どの分野からの出題が
あっても対応できるようにしておきたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/224-408c1f4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。