八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロジェクトマネージャ試験受験まとめ
昨日、プロジェクトマネージャ試験の合格証が届いた。
合格証が届くまでは半信半疑だったが、これでようやく
落ち着いた。

情報処理技術者試験では、はじめての論文試験だったので、
今後のためにも一応のまとめをしておこうと思う。

1.受験の動機
 最近、仕事をしていて感じるのはプロジェクトマネージ
 メントの重要性であり、自分の能力を試してみたいと
 思ったのがきっかけである。
 一般的な情報システム開発の経験はないが、プロジェクト
 マネージメントの能力は職種によらないと考えているので、
 自分の知識・経験でも何とかなるだろうと考えた。

2.試験準備
(準備期間)
 技術士二次試験(8/5)の終了後から準備を始めたので、
 準備期間は正味2ヶ月強であった。

(参考書)
 使用した参考書は以下の2冊。
 ①「情報処理教科書プロジェクトマネージャ2007年版」翔泳社
  試験対策の中心に据えた。5年分の過去問と解説が付属CD
  に収録されているので、過去問集にもなった。解答のテクニック
  と論文の書き方の記述が秀逸。本に対する評価としては◎。  
 ②「プロジェクトマネージャ合格論文集改訂版」リックテレコム
  論文ネタ作りの参考にした程度。本に対する評価としては○。

(準備方針)
 準備期間が短かったので、できるかぎり能率的な準備を行うように
 努めた。具体的には、論文以外は過去問を早いタイミングで解き、
 合格点が取れるようであれば対策を省略し、論文対策に時間を
 さけるようにした。

(実際行った準備)
午前:最初の10日間で過去問3年分を解いた。3年分全て7割5分
    以上とれたので、特別な対策はしないことに決定。8月中に
    5年分を解き、間違った問題だけを解き直した。
午後Ⅰ:①の参考書を9/10くらいまでに1回読了し、その後から
    過去問5年分を9月末くらいまでに一通り解き、解説を熟読
    した。7割に届かない問題を解き直すつもりだったが、時間が
    なく断念。
午後Ⅱ:①の参考書で合格論文のイメージをつかんでから、②を
    9月中に一通り読んだ。9/20頃から論文のネタの整理を始める
    が、おもうように進まず。結局、試験日の前日まで論文ネタの
    整理をしていた。手書き練習は試験1ヶ月前から始める予定
    だったが、最後までできず、前日に「プロジェクトの概要」の
    ワープロ原稿を原稿用紙に書き写したのみ。

3.試験結果
 午前:スコア710点 素点(自己採点)49/55
午後Ⅰ:スコア645点 素点(自己採点)110/150
     (TACの予想配点による)
    問2、問3、問4を選択
午後Ⅱ:評価ランクA(問3の品質活動計画を選択)
    予め準備していた仮想プロジェクトについて記述。
   (論文の骨子)
    設問ア
    (1)開発プロジェクトの概要
      ・私の勤務先:ソフトウェア開発企業(B社)
      ・経験:勤続20年でプロジェクト管理経験10年
      ・対象プロジェクト:A社向けプロジェクト予算管理システム
      ・プロジェクトの目的:個別システムの一体化による効率化
      ・開発規模:期間1年、総工数120人月
      ・私の立場:プロジェクトマネージャ
    (2)与えられた品質上の目標
      ・背景:A社の各業務プロジェクト採算の悪化
      ・プロジェクトの位置づけ:A社業績向上のかなめ
      ・品質上の要求事項:操作性の良さと応答性の良さ
      ・品質目標値:
        操作性→各システムの操作性の統一
        応答性→レスポンスタイムは1秒以内
    設問イ
    (1)プロジェクトの状況
      ・A社側:業務が多忙で十分な体制を取ることが困難
      ・B社側:WEBベースの開発に不慣れなメンバーがいる
    (2)工夫した点
      (A社側の状況に対し)
      ・プロトタイプの採用(A社体制の不十分さを考慮)
      (B社側の状況に対し)
      ・教育計画作成(WEBベースの開発に不慣れな
       メンバーに対する)
      ・段階的開発(サブシステムをまず1つ開発し、それを
       プロトタイプとすることにより、不慣れなメンバーの
       開発を容易に)
    設問ウ
    (1)自己評価
      ・この計画で目標どおりの品質を達成できたので、高く評価
    (2)今後の改善点
      ・今回の対策は有効だったので標準化に今後取り組む

4.反省点
 スタートが遅すぎたため、論文の手書き練習がほとんど
 できなかった。技術士二次試験終了後にスタートでは
 遅すぎる。プロマネについては、ある程度のバックグラウンドが
 あったので何とかなったが、他の区分の論文試験では
 たぶん無理だろう。知識のインプットは早めに開始し、
 試験2ヶ月前からは論文に専念できるくらいの余裕が欲しい。
 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/43-4e230068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。