八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報処理技術者試験の新試験制度
25日に「情報処理技術者試験 新試験制度の手引き」が
公表された。同時にパブリックコメントの概要が発表された。

私は、IPAに対して、ベンダ側人材とユーザ側人材の一体化の
是非に関する問いかけと免除制度の拡大(午前2も対象)の提案を
行ったが、最終結論には反映されなかった。
結果として、レベル4の高度区分の試験については、前案からの
変更はほとんどなかったようだ。

募集意見の中に、制度変更が行われると過去の合格実績の意味が
薄れるとか、ムダになるとかいう趣旨のものがかなり見受けられた。
その気持ちはわからないでもない。私も、5月に「高度IT人材の
育成をめざして(案)」を読んだときにはそういう気持ちになった
ことは事実である。しかし、よくよく考えてみると、情報処理技術者
試験は厳密には資格試験とは言えないだろう。あくまでも、受験時の
スキルレベルの確認ができるだけであり、検定試験に近い。
ネットワークや情報セキュリティのように進歩が早い分野は、合格時
のスキルや知識は3年で完全に陳腐化するであろう。
制度変更がなかったとしても、時間がたてば合格は過去のものとなる。
技術進歩にキャッチアップしていることを示したければ、再度受験
して合格するしかないだろう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/44-fdbe4a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。