八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H19年度技術士(情報工学部門)一般問題の分析(2)
H19年度のⅡ-1に取り組んでみた。
この問題は自分が本番で選択しなかったほうの問題
である。

Ⅱの問題に「情報工学部門の問題として」解くように
との解答指示がある。この問題は、総合技術監理の
問題として出題されてもおかしくないと思う。だから
こそ、情報工学の専門技術の視点で解答するように
指示をしたのだろう。

問題をよく読んでみて、Ⅱ-1のほうがⅡ-2より
取り組み易かったのではないかと思った。情報セキュ
リティに照準を合わせていたこともあり、Ⅱ-2に
安易に飛びついてしまったことが悔やまれる。時間は
あったのだから、もう少し問題選択に時間をかけても
良かったのではないか。次回は問題選択をもっと慎重に
行うようにしよう。

この問題では、取引システムの要求定義フェーズとテスト
フェーズおよびシステムの運用フェーズに課題があると
自分は考えたが、出題者はどのような解答を期待している
のだろうか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/48-d6aba61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。