八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AU(システム監査技術者)準備状況
先々週末からようやく午後Ⅰの過去問にとりかかった。
一問を30分で解いては答え合わせを行い、解説を読む
やり方だ。若干時間をオーバーしても最後まで解くこと
を優先した。
過去3年分の過去問12問分の得点(満点は100点)
は以下のとおり。

          問1  問2  問3  問4  平均

平成17年度  70  75  45  60  62.5

平成18年度  55  75  65  85  70

平成19年度  55  80  50  95  70

19年度と18年度で平均7割は取れたものの、必須の問1で
6割に満たないのは少々苦しい。17年度は5割に満たない
問題もあり、力不足を実感する。

17年度の問題と18年度以降の問題との間に難度のギャップを
感じた。最近の2回の問題は基本的で若干易しい感じがする。

後は16年度と15年度の問題を解き、7割に満たない問題は
解き直すつもりである。

論文は全く手つかずの状態である。
監査の論文に慣れる必要があると考え、アイテックの
「合格論文事例集 システム監査技術者 第2版」をとりあえず
購入した。他には同種の本がないので、選びようがない。
プロマネのときの反省を踏まえ、合格論文のイメージができたら
なるべく早く手書きで論文を書く訓練を始めるようにしたい。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/50-a4bb4638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。