八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AU(システム監査技術者)準備状況その3
気がつけば、試験まであと3週間である。
受験票も来週末には来ることだろう。

我が身を振り返ってみると、まだ論文にはほとんど手を
付けていないという状況である。午後Ⅰの解き直し対象
も過去5年分の中の7割未満の問題であったが、ついに
過去3年分の6割未満の問題までハードルを下げた。
それすらまだ手を着けていない。

しかも、試験直前の一週間に現場作業が入っているため、
追い込みのための時間はあまり捻出できそうにない。
客観的に考えると合格はほとんど無理かもしれないが、
最後まであきらめないつもりだ。

過去の午後Ⅱ論文テーマを時系列に並べる作業をしてみたら、
いろいろなことが見えてきた。例えば、論文テーマの中には
システム監査の基本的な進め方に関するテーマが毎年1題は
含まれること、過去2年以内に出題されたテーマと同じテーマ
が再出題されることはないこと等々である。

今後の進め方であるが、次のようにしようと思う。
1.午後Ⅱの論文は監査に関する基本テーマの問題を選択
することを念頭に、監査の基本に関することを整理・記憶する。
2.個別テーマの問題は、監査の基本テーマの問題が選びづらい
場合の保険という位置づけとする。
テーマは過去問と最近の動向などを踏まえて次のものを準備する。
(1)個人情報保護
(2)J-SOX法対応(内部統制)
(3)アウトソーシング
3.想定する情報システムの特徴としては、2の個別テーマにも
対応できるものを準備する。
4.過去問の中から1,2に対応するものを選び、骨子を20分
で作成してみる。
5.骨子をワープロを使って練り上げる(情報システムの特徴
にフィードバック)。
6.最低1テーマについては、90分で論文を手書きする練習を行う。

骨子さえできれば、論文にするのは難しくないというのが、
技術士試験やプロマネ試験で学んだことである。

システム監査の基本をしっかり押さえること、骨子を20分で
作成できるようにすることが最重要課題だ。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/54-2b9db68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。