八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術的体験論文提出
電気電子部会に出席がてら技術的体験論文を提出してきた。

部会が18:00からだったので、窓口が閉まる17:00少し前に
技術士会に到着した。窓口に備え付けのリストに受験番号と
氏名を記入し、論文のコピー3部を窓口の女性に渡した。
論文の最初の受験番号、氏名あたりを見て、論文のページ数
と部数を確認した様子であった。そして、すぐに受領して
もらえた。どうやら形式的なチェックのみらしい。

部会は今回はじめて参加した。東京大学大学院の藤井康正
先生のCO2排出削減技術に関する講演であった。とても
有意義な話が聞けた。意外だったのは、原子力発電のコスト
競争力は化石燃料よりも悪く、軽水炉のレベルにとどまって
いる限りは淘汰の道を歩むだろうという予測だった。原子力が
息を吹き返すには、高速増殖炉の実用化で効率を60倍に上げる
以外に道はないとのことである。

技術的体験論文を提出できて、とりあえずホッとした。
口頭試験までにかなり間があるので、モチベーション管理が
重要になるかもしれない。口頭試験までにやることとスケジュ
ールを決めておこう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/87-dd4007ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。