八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009システム監査技術者試験の準備方針
来週から春の情報処理技術者試験の申込みが始まる。
システム監査技術者試験準備の方針を考えてみた。

秋の情報処理技術者試験の帰り道に、翔泳社の
「情報処理教科書システム監査技術者2009年版」を購入
した。昨年購入した同友館の「システム監査技術者
合格完全対策2008年版」との相性が今ひとつだった
のだ。技術士の筆記はだめだったと決め込んでいたので
早速読み始めたが、筆記合格が判明してからはずっと
ほったらかしの状態だった。

今週になってから再び読み始めた。試験の変更内容が
ようやく頭の中に入ってきたところだ。

多少の軌道修正はあると思うが、概ね次のような方針で
行こうと思う。

1.「情報処理教科書」を試験対策の中心に据える。
  編集方針がプロジェクトマネージャ版と似たところ
  があり、相性は問題なさそうなので。
  午後Ⅱ対策を除き、1月末までに1回目読破が目標。

2.午前Ⅰの免除制度を使い、午前Ⅱの準備も、6割を突破
  さえすれば良いので、最低限にする。具体的には、
  午前の過去問5年分の昨年間違えた部分の解き直しと
  テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)の午前の
  過去問3年分と間違えた部分の解き直し(技術面強化
  への対応の意味で)。1月末完了目標。

3.昨年鬼門だった午後Ⅰは、過去6年分を解き、7割未満
  の問題を最低でも1回は解き直す。2月末完了目標。

4.午後Ⅱの論文ネタの仕込みと骨子レベルの変更シミュ
  レーションを行う。難しいとは思うが、3月末が目標。
  これまでにできた試しはないが、全文の手書き練習を
  最低1回は本番までに行いたい。  

5.組み込みシステムへの対応を十分にカバーしている参考書
  が見あたらないので、今回は組み込みシステムについては
  選択しないようにするつもり。

3月6日の技術士試験結果次第では、バタバタすることも
考えられるので、できるだけ前倒しに準備したいという気持ちが
ある。過去の経験では大抵うまくいかないのだが。。。

今回は13日初日に申し込みを済ましてしまおう。  
  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yachimata.blog102.fc2.com/tb.php/96-46ff5b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。