八街薫の日記
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理)を持つ計測制御系エンジニアです。継続研鑽の一環として資格取得等にチャレンジする様を描きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H26秋のシステムアーキテクト試験は受けられず
今日がH26秋の情報処理技術者試験の申し込み最終日である。

申し込みが始まる前までは、システムアーキテクト試験に
再々挑戦するつもりで参考書まで買い込んだ。ところが、
申し込み開始の直前になって出張の予定が変わり、
試験当日は海外にいなければならないことになった。
再度出張の予定が変わる可能性もあったので、しばらく待って
いたが、ついに出張の予定が覆ることはないという状況になった。

これまで、仕事の予定で資格試験を受けられなかったことは
一度もなかった。考えてみれば不思議なことだが、自分に必要だ
という思いが強い時は運も味方についてくれたのだろう。
正直なところ、現時点でそこまで強い思いを抱くことができる
資格はない。今は目の前の仕事に集中すべきと言われている
ような気がする。

来年どうするかはゆっくり考えることにしたい。



H25秋の情報処理技術者試験合格発表
一昨日は情報処理技術者試験の合格発表日であった。

平成25年度 秋期 システムアーキテクト試験 成績照会

受験番号 SA214-**** の方は, 不合格 です

午前Ⅰ得点
***.**点
午前Ⅱ得点
80.00点
午後Ⅰ得点
68点
午後Ⅱ評価ランク
B

残念ながら、またしても不合格であった。
午後Ⅰは辛くも通過できたが、肝心の論文がB評価だった。

準備ネタをうまく題意に合わせることができなかったのが
敗因と考えている。

次回また挑戦するかどうか、少し考えてから決めようと思う。

システムアーキテクト2013試験終了
システムアーキテクト試験が終了した。

今日は一日中雨模様だった。これまで終期試験では
雨の日を経験したことがないような気がする。

試験会場は市ヶ谷にあるTKP市ヶ谷カンファレンス
センター。文字通り貸し会議室である。今回は試験地
を東京にするか、出張予定地にするかで迷っていたため
申し込みが遅れた。そのため遠い会場になったと思われる。
部屋は比較的きれいで、スペースもゆったりしていたが、
机の高さが若干低めなことと、トイレが狭いことが難点で
あった。

午前Ⅱは前半は過去問で見た問題が多かったが、後半は
ほとんどはじめて見る問題だった。自己採点では20/25で
無事に通過できたようだ。

午後Ⅰは、例によって問4から解いた。比較的やさしいとは
思ったが、去年のこともあるので出来たとは言わないでおこう。
もう1問はデータベース的な匂いのしない問1を選択。
あまり良い出来とは言えないようだ。

午後Ⅱも問3で決め打ち。昨日復習した去年の準備ネタを
苦しいながらもこねくり回し、何とか題意に沿うように
内容を改変して記述した。今思い返すと、題意とは直接
関係の薄い部分に字数を割きすぎたように思う。それでも
字数は最低字数+2,3行であった。あまり期待せずに
結果を待ちたいと思う。

明日はシステムアーキテクト試験
明日はシステムアーキテクト試験を受ける。

あえて宣言するのには理由がある。今週の前半までは
試験当日は出張先で仕事の予定だった。ところが、
台風27号が発生した影響で、出張が少し先に伸びたのだ。

8月末の時点では出張の予定が決まっていなかったので、
試験地は東京のまま変更しなかった。その後、9月に
なってから出張の予定と試験日が重なることが判明した
ので、今年はもう受けられないと覚悟していた。

受けることは決まったものの、準備は昨年の午後Ⅰの
敗因分析をしたところで止まっている。今日半日は
直前でも効くと思われる、午前Ⅱの過去問演習と昨年
準備した論文ネタの復習に注力する予定である。


システムアーキテクト試験2013申し込み
先日、システムアーキテクト試験の申し込みをした。

春のデータベースは受験を棄権したので、今年受ける
唯一の試験になる予定である。ただし、その時期には
とある地方に出張している予定なので、受験できるか
どうか、少し微妙な状況ではある。

これまで申し込みをするかどうか様子見をしていたが、
そんな先の仕事の予定がわかるはずもないので、とりあえず
申し込みを決めた。その時期に予定通り出張となることが
わかれば、試験地変更をするつもりである。

出張先で受験することになると、その県の試験会場に行く
には片道2時間半程度はかかることがわかった。幸い、
2011年度のITストラテジスト合格による午前Ⅰ試験免除は
まだ有効なので、当日さえ休めれば試験を受けることは
できるだろう。

昨年は、自信があったはずの午後Ⅰが通過できずに不合格
となった。昨日、選択した問題の解き直しを行ってみた
ところ、原因がおぼろげながらわかってきた。一言で言えば
題意の把握が不正確であったために、解答が微妙にずれて
いたのだ。問題を正確に読み取ることは試験の基本中の
基本であり、それができていなかったとは情けないことで
ある。やはり、時間がないことを理由にして事前の訓練を
怠ったことが敗因であろう。

ただ、時間については昨年よりも今年の方がもっと厳しい
かもしれない。午後Ⅰについては、時間のある今月のうちに
過去問にできるかぎり多くあたっておきたい。午前Ⅱも昨年
は冷汗をかいたので、もう少し知識問題対策をする必要がある。
ITストラテジスト受験で使用した@ITの情報マネジメント
用語辞典を再度利用してみようと思う。論文については、
昨年度の準備ネタを膨らませていく方法で準備するつもりで
ある。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。